バッグ

6月10日、“時の記念日”に寄せて

6月10日は、“時の記念日”。その由来をご存じですか。

日本最初の歴史書『日本書紀』には、今から約1300年前の飛鳥時代・西暦671年6月10日に
天智天皇が漏刻(ろうこく/水時計)を設置し、時を知らせる鐘鼓(しょうこ)が鳴らされたという記述があります。

そして、日本が社会生活の近代化に邁進していた大正時代の1920年、
文部省の外郭団体である生活改善同盟会が、当時の社会教育や日常生活改善のために
「時間を正確に守ること」を行動目標の一つとして掲げ、この6月10日という日が“時の記念日”として制定されました。

日常生活が大きく変わった昨今。この機会に身の回りの時計を新調して、
あらためて“時間の大切さ”について考えてみてはいかがでしょうか。

20件中 1-20件表示