江戸切子の世界

涼感を誘う、江戸切子の世界

万華鏡のような煌めきで、インテリアに涼感をもたらす江戸切子。
色とりどりの美しいガラス器を日常の空間に取り入れて、初夏の“おうち時間”を清々しく華やかに彩ってみませんか。
夏のテーブルにぴったりのデザインを中心に、新作も豊富にご用意しています。

江戸切子とは

江戸切子とは、
ガラスの表面に研磨機で切り込みを入れ、カットの技巧とその組み合わせによって
さまざまな美しい文様を表現するガラス工芸です。
繊細で独特なカットは光を受けて複雑に反射し、
万華鏡のように華やかなきらめきを生み出します。
テーブルウエアをはじめ、花器やオブジェなどさまざまな作品が作り出され、
日本が誇る伝統工芸品として親しまれています。

江戸切子

江戸切子の歴史

1834年(天保5年)、
江戸大伝馬町のビードロ屋加賀屋久兵衛が金剛砂(こんごうしゃ)を用いて
ガラスの表面に彫刻したのが始まりといわれている江戸切子。
明治時代の殖産興業政策による日本の近代化とともにガラスのカット技術は進歩し続け、
大正時代にはクリスタルガラスの研磨技法が開発されるなどして、
江戸切子の品質は大きく向上します。
戦後の高度成長期になるとガラス食器の需要が増加し、カットガラスは全盛期を迎えしました。
1985年(昭和60年)には東京都の伝統工芸品産業に指定、2002年(平成14年)には
国の伝統的工芸品にも指定され、世界にも知られる芸術品へと昇華しています。

江戸切子の歴史
29件中 1-29件表示