東京・銀座の専門店、和光(WAKO)のオンラインストアです

ようこそ! $LAST_NAME$ $FIRST_NAME$様
  • 新規会員登録
  • ログイン
  • マイページ
  • お気に入り
  • ショッピングカート

トップ > 包装の知識 > 季節のご挨拶

季節のご挨拶

四季のある日本では古来より、季節の変わり目にご挨拶として贈りものをする風習があります。
お中元やお歳暮をはじめとする季節の贈りものには、お贈りする時期、掛け紙(のし紙)の習慣、しきたりがありますので、
マナーに適った内容で贈られることをおすすめします。

【掛け紙(のし紙)の種類と表書きの名入れについて】

掛け紙(のし紙)の種類 表書きの名入れについて


【一般慶事】
通常のギフト・お祝

・個人からプライベートで贈る場合は、贈り主様のご苗字またはフルネームを入れます。

・ご親戚など同じご苗字の方から贈るパーソナルギフトの場合は、
 親しみやすくファーストネーム(下のお名前)だけでもよいでしょう。

・連名でお入れすることもできます。目上の方から順に、右から書きます。

・社名や肩書を入れる場合は、省略せずに正式名称で書きます。( 例: ㈱ ⇒ 株式会社 )

◎名入れの仕方についてさらに詳しくお知りになりたい場合は、「 包装の知識 」をご参照ください。

【表書きの例】

  • <個人名の例>
    名入れはご苗字だけでもフルネームでも承ります。
  • <夫婦連名の例>
    夫婦連名でお入れすることもできます。
  • <連名の例>
    連名でお入れすることもできます。目上の方から順に、右から書きます。
  • <社名・肩書入りの例>
    社用でご進物の場合は、社名や肩書もお入れすることができます。
  • <会社名の例>
    会社名は省略せずに正式名称を書きます。

・「包装方法」の選択では、
 包装方法  ⇒  掛け紙(のし紙)
 上書き   ⇒  ご用途に応じて「【一般慶事】御中元」など、プルダウンに表示される選択肢よりお選びください。

◎プルダウンに表示されない上書きをご希望の場合は、お支払い方法選択ページの最下部にある「通信欄」に
 表書きの上は「暑中御伺」にてのように内容をご指示ください。

「短冊」について

保存温度や形状により掛け紙(のし紙)をかけることができない【冷凍品】の
表示があるお品については、「短冊」をご用意しております。
■お品をショッピングカートに入れる際に、「短冊 <【冷凍品】の表示がある食品用>」
 を選択し、ご希望の御祝、御礼、粗品などの選択肢から上書きをお選びください。
 ◎無地の短冊はご用意することができません。「その他(「通信欄」に内容を入力)」
  を選択した場合は、必ず上書きの内容をご指示ください。
 ◎短冊の表書きは、上書きのみご指定いただくことができ、お名前はお入れすることが
  できません。
 ◎包装紙でお包みすることができません。箱上面の右上に直接貼付します。
ご用途 表書き(上書き) お贈りする時期 備  考
夏の贈りもの 御中元 6月中旬から7月15日まで 関西の一部地域では、7月上旬から8月15日まで。
暑中御見舞 7月16日から立秋(8月7日頃)の前日まで 目上の方には、「暑中御伺」とするとフォーマルな印象です。
残暑御見舞 立秋(8月7日頃)から8月末まで 目上の方には、「残暑御伺」とするとフォーマルな印象です。
冬の贈りもの 御歳暮 11月下旬から12月末まで 12月25日くらいまでには届くようにしましょう。
御年賀 1月1日から1月7日(松の内)まで
◎一部地域では15日まで
年始回りなどに持参する場合も同様です。
寒中御見舞 1月8日から立春(2月4日頃)の前日まで 目上の方には、「寒中御伺」とするとフォーマルな印象です。
余寒御見舞 立春(2月4日頃)から2月末まで 目上の方には、「余寒御伺」とするとフォーマルな印象です。

【リボン包装について】

リボンを用いた包装方法は、お品の特性によりお選びいただけるデザインが異なります。

◎承ることができない包装方法を選択された場合は、電話またはメールにてご連絡のうえ、可能な包装方法に変更させていただきます。

食品以外の場合

  • リボン(金)
    リボン(金)
  • リボン(白)
    リボン(白)
    包装紙は使用しません

食品の場合  ◎詳しくは、お品の詳細ページをご覧ください。

  • リボン(金)
    チョコレートなどの一例
    (お品によって箱と
    リボンのデザインは異なります)
  • リボン(白)
    ゼリー、惣菜、酒類などの一例
  • リボン(白)
    冷凍品の一例
    (お品によって箱の
    デザインは異なります)

《参考》
■複数のお品を一緒にお祝として差し上げる場合は、一番高価なお品を掛け紙(のし紙)包装にし、その他のお品は普通包装
( 包装紙のみ<通常のギフト>)またはリボン包装にするのが一般的です。