東京・銀座の専門店、和光(WAKO)のオンラインストアです

ようこそ! ゲスト様

トップページ > 特集 > 季節の味わい > 【冷凍品】 地頭鶏2種詰合せ

【冷凍品】 地頭鶏2種詰合せ

他のアイテムと同梱できません
  • クール便(冷凍)
  • 手提げ袋は付きません

商品番号 09090001

肉汁たっぷり、ジューシーな味わいの地頭鶏(じとっこ)を堪能できる詰合せ
霧島山麓で飼育され、天然記念物にも指定されている「地頭鶏」(じとっこ)を原種鶏として、交雑種の開発により誕生した「みやざき地頭鶏」。柔らかさの中にも適度な弾力があるため歯ごたえがよく、肉汁もたっぷりで、噛むほどに旨みがにじみ出るジューシーな味わいが特徴です。この素材本来の深い味わいをシンプルにお楽しみいただけるよう、しっとりと柔らかい胸肉の「たたき」と香ばしい「炭火焼」に仕上げ、詰め合わせました。胸肉は薄くスライスしてポン酢や薬味を加えてさっぱりと、モモ肉は温めるだけで美味しくお召し上がりいただけます。
こちらのお品は、ご注文日から数えて10日目以降の日時よりお届け希望日を承っておりますが、生鮮食品の性質上、特にご希望がない場合でも最短でお届けできる日にちを配送指定日として手配させていただきます。あらかじめご了承ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ディスプレイ上では、色調や形状・大きさなど、実物とは異なる印象を受ける場合があります。

クール便〈冷凍〉でお届けいたします。通常の配送料金に加え、保冷配送料金(税込324円)を頂戴しますのでご了承ください。

5,400円(税込)

包装方法
【ご注意】短冊を選択した場合は上書きが必要です。
下の選択肢から、必ず上書きの内容をご指定ください。
短冊の上書き
短冊以外の包装方法の場合に入力されても無効です。
また、選択肢にない上書きの短冊はご用意できません。
数量
クール便でお届けします
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

地頭鳥2種詰合せ【冷凍品】

地頭鳥2種詰合せ【冷凍品】地頭鳥2種詰合せ【冷凍品】
地頭鳥2種詰合せ【冷凍品】
拡大 Prev Next

地頭鳥2種詰合せ【冷凍品】

地頭鳥2種詰合せ【冷凍品】地頭鳥2種詰合せ【冷凍品】

詳細

箱のサイズ :305×265×48mm
重量:700g
賞味期間:冷凍/約6ヵ月、解凍後/開封前は冷蔵で2〜3日中(開封後は当日中にお召し上がりください)


《包装について》
■こちらのお品は、掛け紙(のし紙)をお掛けすることができません。ご進物で掛け紙をご希望の場合は、
 短冊(名入れ不可)にてご用意いたします。
 ・包装方法は「短冊<【冷凍品】の表示がある食品用>」をご指定ください。
 ・短冊の「無地」は承ることができません。必ず上書き(御礼、御祝など)をご指定ください
 ・短冊には上書きのみお入れします。掛け紙(のし紙)のように名入れをすることはできません
■冷凍品のため、メッセージカードや手提げ袋はご用意できませんのでご了承ください。

《配送について》
■一部離島へのお届け、および他のお品との同送はできません
■お品の性質上、ご進物の場合は、お届け先様への直送のみ承ります。
■ご希望の配送指定日をなるべく入力してください。なお、こちらのお品はご注文をいただいてから発送までに日数が
 かかります。ご注文日から数えて10日目以降の日時をご指定くださいますようお願いいたします。
■生鮮食品ため、ご不在による再配達の際に、新しいお品をご用意する場合がございます。その場合は、別途お品代
 および配送料金がかかります。確実にお受取りいただける日をご指定ください。

 お支払い方法に銀行振込・郵便振替を選択された場合は、ご入金の確認後に発送いたします。
 ご注文からお届けまでに時間がかかりますので、日数に余裕をもってご注文ください。

◆「御歳暮」の短冊にてご注文いただく場合は、ご注意ください。
 選択された包装方法が「御歳暮」の短冊で、お届け希望日のご入力がない場合は11月25日(土)より順次発送
 させていただきます。配送日のご希望がある場合は、必ずお支払い方法選択ページにて指定してください。


◆11〜12月はご注文が集中するため、通常よりお届けが遅れる場合があります。
 配送日を指定される場合は、お届け希望日の2週間ほど前までを目安にご注文くださいますようお願いいたします。
 なお、年末年始は物流が大変混雑するため、天候や交通事情などのやむを得ない事由により、
 ご指定のお日にちや時間帯にお届けできない場合がございます。あらかじめご了承ください。


【一般的な “冬の贈りもの” お届け時期】
 御歳暮: 11月下旬から12月末まで
 御年賀: 1月1日から7日(松の内)まで 〈一部地域では15日まで〉
 寒中御見舞: 1月8日から2月3日(立春の前日)まで
 ◎掛け紙の上書きは地域によって風習が異なる場合がございます。